リペイント匠:多田えりかさん

12月17日FM三重RADIO FLAPPER  季節によって外壁塗装のやり方を変える

毎週木曜日の午後2時20分からは「リペイント匠の匠Radio!」生放送中!今日も多田さんと楽しく『外壁塗装は季節によってやり方を変える』についてお話しました。

聞いてくださった方で、分からない事や、もっと話を聞きたい、相談したいなどありましたら、ラインでお気軽にご相談してください。

勿論、お電話でも受け付けていますので、電話で外壁塗装の色選びについてご相談したい方は、0120-804-902(8:00~20:00)まで『ホームページ見ました』とお気軽にご相談してください。

リペイント匠:多田えりかさん

後から聞きたい方は、携帯で「radiko」というアプリをダウンロードして頂いて、FM三重 RADIO FLAPPERの毎週木曜日の午後2時20分からの「リペイント匠の匠Radio!」をお聞きください。

iPhoneの方はコチラ ・radikoをダウンロード
androidの方はコチラ ・radikoをダウンロード

話した内容の文字起こししたものはコチラ

多田さん:さぁ、毎週木曜日のこの時間はリペイント匠の久保信也社長をお迎えしまして、住宅塗装・防水工事などお家に気になることについて
お伺いしていきます。久保さん、今日もよろしくお願いします。

久保:はい。よろしくお願いします。

多田さん:いや~寒いですよね~

久保:めちゃめちゃ寒いです!

多田さん:今週に入って急な寒波?

久保:そうですね。何か今週に入って朝起きてから、なかなか外に出れないというか。

多田さん:ねぇ~

久保:いつもパンツ一丁で寝てるんですけど~

多田さん:久保さーん?パンツ一丁なのー?

久保:はい。

多田さん・久保:wwww

多田さん:でも、なんかわかるような気がするー

久保:そうなんですよ。リビングに出るまでが戦いというか。

多田さん:出たくないでしょ?お布団から。

久保:出たくないです

多田さん:なんで着ないんですか?

久保:なんてゆうんですかね。昔からの癖ですかね~。服を着ていると落ち着かないというか…。たまに靴下はいて寝る人いるじゃないですか?

多田さん:私、はいてますよ。

久保:すごいな~と思って。

多田さん:はかないと寝られないです。冷たくて。

久保:あ~女性の方なんでね。

多田さん:はい。

久保:ボクはいつもパンツ一丁で。

多田さん:パンツっていうかかね、ふんどしのイメージです。

久保:いや、いや、いや、いやwやばいじゃないですか。それwやべーやつですよ。

多田さん:いや、それはそれで日本の伝統ですからw

久保:罰ゲームですよ

多田さん:w久保さんのパンツ一丁もびっくりしたんですけど、この時期塗装の方も例えば、今日の夜か、夜中になんかに屋根に雪つもってるとこなんかもあるじゃないですか。

それで、でも今日も屋根のぼってきました?

久保:そうですね。朝一はなかなかのぼれないんですけど、塗装ってその時期、時期によってやり方を変えるんですよ。

多田さん:へぇ~、例えば~?

久保:冬でいうと、今の時期でいうと塗料って基本的に湿度が85%以上と、気温が5度以下は塗れないんですよ。

多田さん:え、何でですか?

久保:硬化不良が起きるというか、ちゃんと固まらないとか、艶が飛んでしまうとかそういった理由なんですけど、なのでこういった時期とか特に寒い2月とか朝一とか夜遅い時間だと5度以下になっちゃうんで、こういう時期はだいたい現場に行っても10時までは違う仕事をして10時から塗りだして15時まで塗ってから、そっからまた違う作業するとか。

多田:そうなんだぁ

久保:はい。夕方まで塗り切ってしまうと、次の日に行くとそこの艶が全部飛んでしまって真っ白になってるとか、結局塗り直しになっちゃたりするんで。

多田さん:硬化不良でせっかくの艶出しもかなわなくなってしまう?

久保:そうです。

多田さん:えーーーそんなことあるんですか?

久保:そうです。

多田さん:でもそれって、プロだったらみんなご存知な話なわけですか?素人っていうか私は初めて聞きましたけど。

久保:そうですねぇ…それを正しく知ってる方も知らない業者さんもみえるんで、だいたい適当にで大丈夫ですよ!と言ってしまう方も結構みえるんで。

多田さん:そうですかぁ。

久保:はい。

多田さん:じゃあ、普通で考えると、リペイント匠さんのやり方で考えると夏のすっごい湿度の高い時期だったりとか、あるいは冬のこの気温が非常に下がる時は工期延びますよね?

久保:そうです。冬になると1.5倍かかっちゃう時もあれば天気がいい時とか昼間とかは全然問題ないので、昼間スムーズに作業進むんですけど、やっぱり夏場とか逆に乾きとかがめちゃくちゃ早いんですよ。

多田さん:夏は夏で?

久保:はい。乾きが早いです。いつもだったら建物ぐるぐる、ぐるぐる塗ってくんですけど足場の上ぼって。夏になると乾きが早いので継ぎ目が乾いてしまうとムラが出るんですよ。なので面、面で仕上げてくんですよ。一面、一面。

多田さん:なるほどね。途中で終わっちゃうと大変なことになっちゃうもんね。

久保:そうです。例えば足場が住宅で3段あれば、3人縦並びになってその面を同時に終わらすと。乾かないうちにどんどんついでくという。

多田さん:極端な話ですけど、夏場と冬場っていうのは工期とかやり方、過程も全然違うってことですよね~

久保:全然ちがいます。やり方変えないと同じやり方してたらえらいことになるんで。

多田さん:例えばですけど、お客様で冬、あれ?聞いてたよりも工期長い気がするわっていうのは、それは最初にお伝えするものなんですか?

久保:そうですね。基本的に三重県はそんなに5度以下になるってことが2月以外はほとんど無いんですよ。

多田さん:あっそっか。三重県比較的温暖ですもんね。

久保:2月でも数日、5日とかそんなんですかね。去年でみていると。そん中の朝早い時間とかなんで、三重県はそんなに問題ないかなと思いますけど。結構、東北の方とかいくとそういうのがしょっちゅうあるんで。

でも、三重県でも朝一から2月ぐらいに塗りだすとちょっと危ないかなと、あと夕方ギリギリまで塗ったりすると。

多田さん:なるほどね。じゃあ、みなさんもぜひそういった知識を入れて頂いて、万一ね朝めっちゃ早くから、夜めっちゃ遅くまで冬の時期にやってるとなると、ちょっとアレっ?って思った方が…

久保:ちょっと危ないと思います。

多田さん:特にね、三重県でも北勢の地域、いなべとか菰野の方は今日も積雪、最高で18センチとかってとこもあるみたいなので、その地域になるとまたね、ちょっとまた難しいですけれども。

久保:そうですね、違いますね。

多田さん:そうか!塗装は季節によって塗り方というか、考え方が違うという。

久保:もちろんです!

多田さん:今日はね、全然違うテーマでお話をしようと思ってたんですけど…w

久保:また来週ですねw

多田さん:いいですか?wでもね、非常にタイムリーな興味深いお話が聞けたのでぜひみなさんも、季節と外壁塗装というところでチェックして頂きたいなと思います。

久保:はい!

多田さん:ではその他ご相談はこちらまお願いします。フリーダイヤル 0120-804-902 リペイント匠までお気軽にお問合せください。そしてYouTubeチャンネルのリペイント匠チャンネルもですね、非常に頻度高く上がっております。

久保:ありがとうございます。

多田さん:ぜひ、こちらもわかりやすくなっておりますのでチェックしてください。リペイント匠の久保社長でした。ありがとうございました。

久保:ありがとうございました。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ

三重県全域(津市・鈴鹿市・四日市市・亀山市・松阪市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
アクセスはコチラ

津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ