ラジオ、外壁塗装、津市

7月15日FM三重ラジオ「外壁塗装の時期」

ラジオ、外壁塗装、津市

毎週木曜日の午後2時20分からは「リペイント匠の匠Radio!」生放送中!今日はFM三重レディフラのラジオで多田さんと福本で『外壁塗装の時期』について楽しくお話してきました。

聞いてくださった方で、分からない事や、もっと話を聞きたい、相談したいなどありましたら、ラインでお気軽にご相談してください。

勿論、お電話でも受け付けていますので、電話で外壁塗装の時期についてご相談したい方は、0120-804-902(8:00~20:00)まで『ホームページ見ました』とお気軽にご相談してください。

後から聞きたい方は、携帯で「radiko」というアプリをダウンロードして頂いて、FM三重 RADIO FLAPPERの毎週木曜日の午後2時20分からの「リペイント匠の匠Radio!」をお聞きください。

iPhoneの方はコチラ ・radikoをダウンロード
androidの方はコチラ ・radikoをダウンロード

話した内容の文字起こししたものはコチラ

多田さん:こんにちわ!多田えりかです。毎週木曜日のこの時間は久保さんをお迎えしていたりするんですが、今日は松阪店の店長、福本さんををお迎えしまして、住宅塗装、防水工事について伺っていきます。福本さんよろしくお願いします!

福本:よろしくお願いします!

多田さん:今日もピンで?

福本:ピンで来ました。

多田さん:w

福本:ちょうど今現場回りしてたんで、汗だくでw

多田さん:だよね。暑い中ほんとお疲れ様です。

福本:ありがとうございます。

多田さん:なんか最近、急激に天候変わったりするじゃないですか?

福本:そうですね、いきなり雨降ってくるんで、びっくりしますねー。ほんとに。

多田さん:塗装とかやってたりするともうだいたい空の様子を見て、早めに切り上げる?

福本:雨雲レーダーを常に15分単位ぐらいで見てるんで、みんな。じゃないといきなりカラッと変わったりするんで。。

多田さん:そうですよねー。有料会員のアプリに入ってたりするの?

福本:有料会員に入ってる子もいりゃー入ってない子もいるんで。何個かアプリ持ってたりするんで。

多田さん:あるあるー。また性能もちょっと違ったりするもんね。

福本:そうですね。

多田さん:天気と戦っているのはこういった分野でもってところですねー。
さて、今日のテーマは?

福本:今日は外壁塗装を行るタイミングについて、お話させて頂こうかなと思います。

多田さん:タイミングっていうと、季節とかの話は前しましたよね?

福本:季節ではなく、外壁とかの劣化具合で、どれぐらいの劣化で外壁塗装した方がいいのかなっていうのが、結構悩んでる方みえると思うので。

多田さん:結構ご質問きますか?

福本:そうですね。

多田さん:じゃあさっそくですが、どんなタイミングがいいですか?

福本:まず外壁塗装まだ大丈夫な具合っていうのが、外壁の艶?外壁の塗膜自体が艶がまだ残っていたりとか、触ってみても手に白い粉、チョーキングっていうんですけどその粉が付かなかったりだとか、そうしている時は外壁塗装はまだ大丈夫じゃないかなと思います。

多田さん:しなくても大丈夫だよということですね。

福本:ただ、コーキング、目地の部分ですね、目地の部分結構言われる方多いんですけど、コーキングの部分われてきたからってすぐに漏れてくるわけじゃないので横の目地のコーキングだったりとか、サッシの上のコーキングっていうのが一番危ないので、そういう所が割れてきてる場合はちょっと考えた方がいいじゃないかなと思います。

多田さん:横目地とサッシの繋ぎ目部分?

福本:上にある部分ですね。

多田さん:要は上だから雨が当たりやすい?

福本:そっから逃げ道がないんですよ。目地に入っちゃった場合に、普通の縦目地とかだと水切りから逃げていくんですけど、サッシの中に入っちゃうんで。

多田さん:なるほどねー。といったところがポイントになると。

福本:そうですね、目地の部分はそこがポイントですね。
で、外壁部分ですと、表面ですとめくれ外壁のめくれだったりとか、これサイディングの話なんですけど、サイディングの部分、角のコーナーの部分ですね、

そこがついであるんですけど、そこの角の部分がちょっとめくれちゃってたりだとか、あとはサイディング・・・ww

多田さん:今マイクにぶつかりましたww

福本:wサイディング自体が沿ってる?沿ってきちゃってる場合は、、、

多田さん:ありますよね!散歩しててもよく見るもん、そういう壁が、完全になんかちょっと上の色がめくれちゃってるなーというのもあれば、
ボロボロになって中の部分?下地が見えちゃってるとか。

福本:そってきてるのはギリギリまだ何とか施工する前に直させてもらうんで、それがギリ直るのがここらへんかなっと思います。

多田さん:そっからは?

福本:そっからは、例えばよく明らか見たらこれやばいんじゃないかなっていう、表面の塗膜取れてサイディング自体がちょっと中の灰色っぽいのが見えていたりとか下地の部分見えてたりだとか、そうなった時は貼り替えになっちゃうんで、、どうしても塗装より費用かかっちゃいますし。

多田さん:そうか、その劣化してるなーとかペロンとめくれてる部分の一時補修、一部補修ぢゃなくてその一部分であっても結構なはがれ方してると、外壁全部をやり直さないといけない?

福本:まっ全部っていうか、全部じゃない場合もあります、日の当たり具合とかもあるんで、その分だけ貼り替えたりする場合もあるんで、
やっぱ塗装っていうのは、何かが起こってからじゃなくて、起こる前に事前対応でするのが一番やっぱいいのじゃないかなと思います。

多田さん:なるほどー。いやーだってとくにね、今雨もたくさん降りますし、これからは雨に加えて風?!

福本:そうですね、もう9月になってきたら台風時期なんで台風ってなると結構不安になられる方多いと思うんで、やっぱ不安になって家で過ごすのも苦だと思うんで安心してもらえるように一回業者さん僕たちの会社でもそうなんですけど、無料で診断の方もさせてもらってるんで、ご相談してはいかがかなと思います。

多田さん:あのー結局な所、日差しも今強いですから、ちょっと劣化した部分がさらに日差しの強さでやられたりするところもありますよね。

福本:そうですね。やっぱりどうしても塗料自体が紫外線とかでやられてどんどん劣化とかしてくんで。

多田さん:ちょうど外装について外壁についてチェックするなら今というところで手遅れになる前にぜひご相談してください。
また相談する前にもう少しチェックしておきたいわっていうあなたはリペイント匠もホームページやリペイント匠チャンネルというYouTubeチャンネルでも色々とご覧頂くことができます。

そしてご相談はもちろん無料!
フリーダイヤル0120-804-902 リペイント匠までお願いします!
ということで福本さん、以上でよかったですか?

福本:はい!大丈夫です!

多田さん:リペイント匠の松阪店店長、福本さんに伺いました!ありがとうございました!

福本:ありがとうございました!

多田さん:では!福本さんからリクエストをお聞きしましょう!

福本:そうですね、今日は外壁塗装のタイミングということで、ブラックビスケッツのタイミングを聞いてもらおうかなと。wみなさんにww

多田さん:wwwえ、でも福本さんお若いのによく知ってますね!

福本:えーっと、、社長が結構歌知ってたりとかするんで。

多田さん:社長の影響があるの?w

福本:社長がめちゃくちゃ色々演歌とかなんでも聞くで。

多田さん:そうなんだー。

福本:あとー、僕お父さんが70歳とかやったんで、歳だいぶ離れてるんで、いとことかも50歳多いんで。

多田さん:そういう事で。じゃ曲紹介、お願いしていいですか?

福本:はい!どこ読んだらいいですか?w

多田さん:ブラックビスケッツ、タイミング・・・

福本:ブラックビスケッツ、タイミングでw

多田さん:ありがとうございましたー。

外壁塗装をしなければならない本当の時期

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月22日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ