エアコン買い替え、外壁塗装、リペイント匠

最適な季節は?外壁塗装をするベストな季節を知ろう

三重県、外壁塗装、季節、リペイント匠

外壁塗装の注文を頂く時に結構聞かれる質問が

「外壁塗装をするのにいつ頃が一番良い季節かしら?」

というご質問です。

この外壁塗装の季節の記事は何回か世間一般的な答えとして書きましたが、今回は職人目線で外壁塗装のベストシーズンについて書いていきたいと思います。

他にも季節によっては外壁塗装をするのにお得な季節なども合わせてご紹介していきたいと思います。

出来るだけ詳しく書きますので、長文になるかとは思いますが、最後まで読んで頂ければ、外壁塗装をする際の季節に悩む事はなくなると思いますので、最後まで読んで頂ければ幸いです。

「ここはどうなるの?」

など他にも外壁塗装に関するご質問などあれば、記事にしますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

※ブログにする場合は、急いで取り掛かりますが、質問が多い時は、順番で記事にしていますので、ご質問に対して、すぐに記事に出来ない場合もございます。ご了承ください。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

マンション・アパートの外壁塗装

では、各季節に外壁塗装をする場合のメリットやデメリットなどを書いていきたいと思います。

・春に外壁塗装するメリット(3月初旬~5月末)

外壁塗装、夏場、リペイント匠

冬も終わり、暖かくなり、比較的に気候が安定していると言えます。また空気も比較的に乾燥していますので、塗料の乾きも早く施工もしやすい季節です。

・春に外壁塗装するデメリット

春に外壁塗装をする際のデメリットとしては、「春雨前線」と「人気な季節」のこの2つがデメリットになります。

「春雨前線」は、3月下旬から4月にかけてみられる事が多く、梅雨前線とよく似ています。

次に「人気な季節」という事です。

外壁塗装を考えられている方は、

「春に外壁塗装をしたいなぁ」

と思えば、春にお問い合わせを頂く事が多いのですが、弊社の場合ですと、3ヶ月ほどお待ち頂いていますので、春の3月に入ると、6月末くらいまで予約で埋まっています。

特に「春と秋」は人気ですので、この2つの季節から予約が埋まります。

ですので、春に外壁塗装をしたい場合には、年明けの1月くらいにお問い合わせをして見積もりを取る事をおすすめします。

・夏に外壁塗装するメリット(6月~8月末)

外壁塗装、リペイント匠

夏場に外気塗装をすると塗料の乾きが非常に早く、日も長いので、工事期間が短縮される可能性が高いです。

またこの季節は、仕事が少なくなる季節でもあるので、各会社がセールなどを多くしているので、お得?になるかも知れません。

※お得感を演出しているだけの会社も多いので、業者選びにはご注意ください。

・夏に外壁塗装するデメリット

この6月~8月末までに外壁塗装をするデメリットを3つ書いていきたいと思います。「梅雨時期」「ゲリラ豪雨」「暑さ」この3つが夏に外壁塗装をするデメリットとなります。

では1つ目の「梅雨時期」

三重県では特に外壁塗装の品質には全く問題はありませんが、この季節は、雨の日が多く、工事期間が長くなります。

2つ目の「ゲリラ豪雨」

突発的な豪雨の事です。

午前中に晴れてても昼休憩をしている時に、バケツをひっくり返した様な雨が降る事もあります。

この様な時期には、職人は「雨雲レーダー」を見ながら仕事をしていますので、雨雲が怪しい時には、塗装とは違う仕事をする様にしていますので、ご安心してください。

3つ目の「暑さ」

暑さで外壁塗装にデメリットがあるというと、「塗料の乾きの速さ」が挙げられます。塗料の乾きが早いのく、下手な職人だとムラになりやすいので、ある意味、職人の腕や知識が試される季節でもあります。

次に「エアコンは使用出来るのか?」というご質問を頂く事が多いのですが、

「全く問題なく普段通りお使い頂けます。」

ただ、ベランダなどの防水工事をする際には、防水中は2階などエアコンの室外機が置いてある場合は、エアコンをつけると水が出てきて、工事が出来ないので、一時止めて頂く事もあります。

・秋に外壁塗装するメリット(9月~11月中旬)

ご近所さん、挨拶回り、外壁塗装、リペイント匠

人気な季節の秋に外壁塗装をする場合のメリットは、空気が比較的に乾燥していて、湿度も低く、気候も安定しているという事が人気な理由です。

・秋に外壁塗装するデメリット

逆に秋に外壁塗装をするデメリットとしては、2つあります。「秋雨」と「台風シーズン」この2つです。

この9月、10月というのは、一年で台風が一番多い季節で、1週間ずっと雨なんて事も頻繁に起きます。

ですので、台風がきた時には、工事期間が長くなる恐れがあります。

また外壁塗装に必要な足場には、「メッシュシート」というものが、建物に覆われています。

台風が来る前に、シートを畳んで置かないと、まともに台風の風を受けますので、足場だ倒れたり、足場材が外壁に当たり壊れたりします。

台風が来る前には「足場のシートは畳んでくれるんですよね?」「いつ頃、足場のシートは畳んでくれますか?」とキチンと確認しましょう。

・冬に外壁塗装するメリット(11月中旬~2月末)

リペイント匠:FM三重

外壁塗装をする方に、あまり人気のない冬ですが、私個人的にはこの「冬が湿度がなく、空気も乾燥しているので、外壁塗装には良いのでは」と思っています。

・冬に外壁塗装するデメリット

外壁塗装を冬場にするデメリットとしては、「温度」「霜」のこの2つが挙げられます。

塗料というのは、湿度85%以下、温度5℃以上が望ましいと、どのカタログを見ても書いてありますので、三重県の日中で5度以下ばかりというのはあまりありませんが、全国の北陸などは注意が必要かも知れません。

5℃以下で塗装するとどうなるのか?というと、白くなり、艶が飛んで、本来の塗料の性能を発揮しません。

ですので、私たちも冬場になると、朝は、9時や10時~15時くらいまでしか塗装工事はしません。朝は霜が降りていて塗装できません。また15時以降まで塗装していると塗料の硬化時間時間も考えるとトラブルになりやすいからです。

⑵外壁塗装は季節ごとに工夫しています

見積もり提出

上記に各季節ごとの外壁塗装をする際のメリットやデメリットなどを書いていきました。

しかし私たちは「年中塗装仕事をしています」というのは、一般的には春や秋が一番外壁塗装に向いていると思われていますが、各季節でデメリットはあります。

春は「春雨前線」夏は「ゲリラ豪雨」「梅雨」秋は「秋雨」「台風」冬は「塗装時間短縮」などなど。

そこを品質に問題が出ない様に、年中工夫して外壁塗装などをしていますので、私たち職人目線でいうと「どの季節でも全く問題ない」という事です。

・三重県の年間降水日は108日

三重県の年間に雨の降る日数は108日もあります。

これは全国47都道府県で22位のちょうど中間位置にいます。

この様に聞くと「ん?3日に1日くらい雨が降るのか?」と思われると思いますが、夜中の間に少し雨が降ったなど影響のない雨も数えられていると思います。

外壁塗装工事の中には、雨の影響を受けない仕事もあります。例えば、足場工事や高圧洗浄など、雨が降っていても基本的に問題ありません。雨の日のこの様な雨に影響を受けない仕事をしているのです。

⑶季節や塗料よりも大事な「業者選び」

外壁塗装、夏場、リペイント匠

外壁塗装で失敗したという方は、人気の春や秋以外に外壁塗装をしたから外壁塗装を失敗した訳では、ありません。

間違いなく「業者選びで失敗」しているのです。

キチンと技術や知識、お客様視点などを持っていれば、どの季節に外壁塗装の相談をしたところで、的確なアドバイス、信頼できる塗装工事をしてくれるはずなので、外壁塗装で失敗するなんて事はありえません。

「外壁塗装で後悔する人のほとんどが業者選びよりも塗料や季節にフォーカスが向いている」

という事を忘れないで頂いて、季節や塗料よりも

「業者選び」に注力をして頂き、この記事を見ている皆さんは「塗装工事をして良かったぁ」と思って頂きたいと私個人的には願います。

⑷劣化具合では季節を気にせず急いだ方が良いことも…

津市 外壁塗装 リペイント匠

外壁の劣化具合や雨漏りが起きている場合には、季節は気にせずにすぐに専門家に無料診断して頂く事をおすすめします。

具体的に言うと、外壁の劣化というのは、サイディングの外壁などで、目地のコーキングが剥がれていて、「外壁が反っている」など、雨漏りがしていないにしろ、外壁の下地の木部に雨が侵入するような状態の場合ですと、放っておくと外壁塗装ができなくなる可能性があります。

また雨漏りでも同じ様な事が言えて、雨漏りがしていると言う事は木造住宅の場合、木材が腐ってしまい、余計な工事が増え、出費が多くなる可能性が高いからです。

この様な事がある場合は、お気軽に「ホームページ見たんですけど…」ご相談してください。

⑸外壁塗装を安く済ますには?

外壁塗装、見積もり、リペイント匠

外壁塗装を安く済まそうと思うのであれば、各市や県などが助成金などを出している場合がありますので、調べて頂く事をおすすめします。

助成金が開始されるのが多い月を書いておきたいと思います。

全国てに見ると、4月から助成金開始が多いと思います。そしてこのような助成金には予算の上限があり、平均で2ヶ月もしない間に予算終了という事が多い様です。

また助成金を使える条件として、地元の業者に限る。などの条件が多いです。「外壁塗装をしようかな?」と思われた時には、まず住われている地域の助成金を調べられる事をおすすめします。

・火災保険

使い道に何も制限がない場合は、被害を受けた事を申請し火災保険を使い、保険会社から支払われたお金を外壁塗装に当てるのもひとつかと思います。

まとめ

外壁塗装をする季節に、やりやすい季節は存在しますが、各季節それぞれで全てデメリットがあるので、ベストなシーズンというのはありません。

それは、私たちが年中、品質に問題のない様に仕事をしているからです。

また外壁塗装を後悔されている方の多くは、季節や塗料などで選ばれた事を知って頂き、「季節よりも業者選び」に意識を向けて頂くと外壁塗装で後悔する事はないと思います。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

津市・松阪市・鈴鹿市を中心に三重県にお住いの方で外壁塗装や屋根塗装、防水工事でお悩みの方はお気軽にお問合せしてください。

外壁塗装 YouTube リペイント匠

リペイント匠のYouTubeチャンネルでも、外壁塗装、屋根塗装、屋根工事、防水工事などお役に立つ情報からお客様の声など色々な動画をUPしていますので、ぜひチャンネル登録をして見てみてください😊

お問い合わせ
お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ