ラジオ FM三重 リペイント匠

12月14日FM三重ラジオ「ゲツモク!」外壁塗装に気を付けた方がいい外壁材

ラジオ FM三重 リペイント匠

毎週火曜日の午後18時12分からはゲツモクの中で「リペイント匠の匠Radio!」生放送中!

今日の放送内容は、FM三重ゲツモクのパーソナリティの代田さんと「外壁塗装の時に気を付けた方がいい外壁材」について楽しくお話してきました。

放送内容を記事にしたもの

・築20年以内の方へ|外壁塗装で不具合が起きるサイディングと屋根材

聞いてくださった方で、分からない事や、もっと話を聞きたい、相談したいなどありましたら、ラインでお気軽にご相談してください。

勿論、お電話でも受け付けていますので、電話で外壁塗装の色選びについてご相談したい方は、0120-804-902(8:00~20:00)まで『ホームページ見ました』とお気軽にご相談してください。

またリペイント匠のYouTubeチャンネルでも外壁塗装や屋根塗装、屋根工事、防水工事に関して様々情報を出していますので、見てください。またチャンネル登録もよろしくお願いします。

外壁塗装 YouTube リペイント匠

後から聞きたい方は、携帯で「radiko」というアプリをダウンロードして頂いて、FM三重 RADIO FLAPPERの毎週木曜日の午後2時20分からの「リペイント匠の匠Radio!」をお聞きください。

iPhoneの方はコチラ ・radikoをダウンロード
androidの方はコチラ ・radikoをダウンロード

話した内容の文字起こししたものはコチラ

代田さん:毎週火曜日のこのコーナーではリペイント匠の久保信也社長をお招きして、
住宅塗装、防水工事などについて伺っていきます。久保社長!よろしくお願いしますー!

久保:はい!よろしくお願いします!

代田さん:今朝はバイクで通勤されたということですねー。

久保:はい、そうなんです。めちゃめちゃ寒かったです。

代田さん:寒いですよね?!

久保:乗っとる時はそんな大して寒くないんですよ。
降りてからが結構やっぱ寒いですねー。

代田さん:wそうですかw今朝はめちゃくちゃ寒かったから、ちょっと私は…私はバイク乗らないんですけど。。

久保:でも朝起きて5分ぐらいタバコ吸いながら、バイクで行こうかどうしようかなすごい悩んでましたw

代田さん:wえー。バイクは昔から乗られてるんですか?

久保:そうですね、10代の時にちょろちょろ乗ってて、数か月前にバイクが好きな子で
バイク通勤する社員が入ってきて、ちょっと久々に僕免許持ってるんで乗らせてもらって、
あー楽しいなと思って最近また買いだしたというか…その為に倉庫作って。

代田さん:あ、そうですかw倉庫まで作っちゃってwへーw
かつての趣味が・・・

久保:そうですね!はい!

代田さん:自分の中でリバイバルして

久保:そうです。すごい楽しいです。

代田さん:そうですかw今日みたいな日は私は乗りたくないなと思いましたけどもw

久保:www

代田さん:そんなバイクもご趣味な久保社長に伺っていくんですけども、
今日はどんなテーマでお話伺っていきましょうか?

久保:今日はですね、難付着サイディングと言われる、ちょっと難しい聞きなれやん言葉かなと思うんですけど、
通常の外壁材なんですけど、表面に特殊なコーティングがしてあるんですよ。耐久性を長もちするように。
なのでこのラジオ聞いている中の皆さんで、家建てられてる方は建てたハウスメーカーとかの人に、
もうこの外壁材はメンテナンスフリーですよって言われた方もいるかもわかんないですけど、
特殊なコーティングしてあるんで長期的には持つんですけど、結局は外壁塗装しなければならないんですよ。

代田さん:あ、そうなんですか。

久保:そうです。だいたい10年周期ぐらいでするんですけど、その外壁材が貼ってあると
だいたい15年から20年ぐらいで外壁塗装始めたらいいんじゃないかなと思います。

代田さん:じゃその購入する時は、メンテナンスいいですからって言われるパターンもあると?

久保:そうですね、昔結構言われたっていう方が見えたんですけど、やっぱり塗装はしなきゃいけないっていう。
そのサイデイングを塗装する時に注意したいのが、表面に特殊なコーティングがあるんで、
普通の下塗りして中塗り上塗り3工程では、はがれちゃうんですよ。

代田さん:ほおほおほお。

久保:特殊なコーティングと密着しないんですよ。なので専用の塗料を使わないと大変なことになるっていう。

代田さん:はー。大変なことになるというのは?

久保:例えば塗り替えするじゃないですか?3工程塗って、
次の人が乾いた時に爪でガリガリってするだけでめくれたりとか。

代田さん:えー!それは悲しい!!!

久保:そうですねw粘着性の高いガムテープで貼って、剥がすとべりべりってそこだけ?がれたり。
もう1年以内に必ずめくれてくるんで。

代田さん:はー。それはでも、塗装業者の方がこれは特殊な加工がしてありますねと、
だったらこういう塗装がいいですねって提案してくれるものですよね?きっとね?

久保:それができる人と半々って感じです。

代田さん:え、半々?!

久保:はい。それを見分け方を知っている人と知らない業者さんもちろんいるんで。

代田さん:えー!そうなんですねー!

久保:そうです。もぉ見た感じは普通の外壁材なんで、あ、築10年にしてはすごい綺麗な外壁材ですね
っていうイメージしかないんです。最初は。

代田さん:あーそうなんですか。じゃプロの方でもちょっとわかりにくい所があると?

久保:しっかり知識があれば、わかります!

代田さん:うんうんうん。
そこは適当にやっちゃう方も中にはいるかもしれないと?w

久保:そうですそうですwなので、それを知らんと普通に塗っちゃうと塗ってあるとどうしようもないんで。
それを剥がすにしても、サイデイングっていうのは窯業系っていってセメントの繊維で出来てるんですけど
塗料を剥がす時って、剥離剤っていうのを使って剥がすんですよ。強力な薬品みたいな。
それを使って塗装を剥がすと、外壁材まで溶けちゃうんですよ。

代田さん:それは大変だ。

久保:そうなんです。なので一回間違った塗装をしてしまうと次は貼り換えるしかなくなります。

代田さん:うわっ、かなりコストが高くなりますね!

久保:三倍以上になると思います。

代田さん:三倍か!W

久保:そういう失敗のないように、そういう外壁の場合は、まずお客様に見分けるポイントを
知って頂きたいなと思って今日話しようかなと思いました。

代田さん:はいはいはい。是非教えてください。

久保:ホームセンターとかでラッカーシンナーって800円ぐらいで売ってるですよ。
小っちゃい缶で。それをタオルとかウエスっていう汚い布でいいんで、ちょっと染み込ませて
ゴシゴシゴシってこすると、それで溶けたら通常の塗装でいけます。

代田さん:ほぉ。

久保:溶けたら通常の塗装で出来るんですけど、もしそれで思いっきりこすっても溶けないようでしたら、
色が全く付かないようでしたら、それはもう難付着剤ですね。

代田さん:あー。加工されていると。特殊な素材が使われていると?

久保:特殊な素材が使われているんで、
ラッカーシンナーでこすっても強溶剤のシンナーでこすっても溶けないんですよ。

代田さん:えー。それができるセルフチェックというところですね。

久保:そうですね。それの場合は普通の下塗り剤を塗ったら何の問題もないんで。

代田さん:ん-、そっか。そういう知識を持っていて業者さんと話す時にも、もしかしてそういう素材が
使われているかもしれないって話が出るだけでもね、また違うと思うんですけど、
もしそれでもどうだろうと思ったら自分でシンナーを買ってきてこすってみても・・・

久保:そうですね。なんせ築10年で外壁材が綺麗やったら、ちょっとそれかなって思った方がいいと思います。

代田さん:あー、そうなんですね。

久保:その場合は築10年でコーキングだけ傷んでくるんですよ。外壁材まだキレイやのに。
だいたい築10年で、コーキングだけされて外壁はそのまんま。
20年目でコーキングと外壁を一緒にされる方が多いんですよ。

代田さん:えー、そうか…ちょっと今自宅のことをボヤーっと思い浮かべてしまって、
うちはどうなんだろうなーって。

久保:w築10年で、全然苔もなくすごい綺麗!っていう感じやと、あ、そうなんかなと。
新築の図面にも載ってたりするんで、外壁材とか。なんとかセラって書いてあったら注意が必要です。
セラってセラミックの略なんですけど、それはセラミックが表面にコーティングされてますよ
って言う外壁材なんで。

代田さん:結構今メジャーなわけですよね?いろんな住宅でコーティングをされているっていう。

久保:そうですね!2000年ぐらいからそういうのが出だして、
ちょうど今20年ぐらい経ってるかなって感じなんで。

代田さん:まー自分の所もそうであろうという前提で、色々とね。

久保:2000年以降に建てた方はちょっとよく見た方がいいかなと思います。

代田さん:なるほど。わかりました。

久保:またその中でも、普通のフッ素のコーティングと光触媒のコーティングといろいろ種類あるんですよ。
コーティングでも。その光触媒っていうコーティングはクリア塗装ってご存知ですか?あの透明の。。

代田さん:あのー色を付けないっていうやつですよね?

久保:そうです!透明な塗装があるんですけど、光触媒のコーティングされている外壁には
クリア塗装が出来る塗料が限られてくるんで、その辺も注意が必要かなと思います。

代田さん:あーでもね、なかなか素人さんではわかんないと思いますよね。

久保:わかんないですね!w

代田さん:しっかりと相談が出来る業者さんを選んでいただく!それには、リペイント匠にっていうことですねーw

久保:そうですね!wはい!ありがとうございます!
まず築10年でキレイやと怪しいんで、次はラッカーシンナーとかホームセンターで800円ぐらいで売ってるんで
ちょっとこすってみるとか。端っことか見えない所。

代田さん:うんうんうん。わかりました。
是非こういった所もね、リペイント匠のホームページにまとめられてたりしますので、、
すごくね、ブログなんかが充実しているホームページですので、ぜひご覧いただきたいと思います。
さらにね、お家の事詳しく解説しているYouTubeチャンネルもございますので
リペイント匠で検索してみてください。電話番号は0120-804-902となっております。
という事で、久保社長有り難うございました!

久保:またさっきの話ですけど、難付着剤のことに関してもYouTubeでも実験動画作ってあるんですよ。

代田さん:えーすごい。

久保:はい、専用下塗り使った場合、使ってない場合どれぐらい?がれるか。それも見て頂ければなと思います。

代田さん:見ごたえありそうですね。わかりました。リペイント匠で検索してみてください。
ありがとうございました!

久保:はい!ありがとうございました!

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月22日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ